So-net無料ブログ作成

惜別 辻本崇夫さん [追悼]

DSC_0843.JPG

辻本崇夫さんの訃報に昨夜遅く接して、信じられない気持でいっぱいだった。
最近はあまり分析のお仕事もなく、協会等でお見かけして雑談をする程度だった。

辻本さんの旧石器時代のお仕事といえば礫群研究。
93年の野辺山細石刃シンポでも、「細石刃文化期の遺構」で、礫群も含めご発表いただいた。

みんなを暖かい気持ちにさせるお人柄に、もう触れることができないと思うと、さみしい気持ちでいっぱいである。
謹んでご冥福をお祈りいたします。 合掌

1880年、矢出川遺跡群総合調査の折の写真。
左から矢口孝悦、竹原、大森、辻本崇夫、大竹憲昭。みんな若かった。情熱もいっぱいだった。
辻本さんは修士、大竹・竹原・大森さんは学部3年、矢口さんは2年、堤(写らず)が1年だった。
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。