So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

シンポジウム 「Hunting:狩猟相解明のためのアプローチ」 [シンポジウム]

人類は与えられた環境・生態の中で、どのような狩猟活動を展開してきたか。
先史人類から現今の狩猟採集民まで、狩猟についての多様な研究アプローチを行う。

期日 2019年 11月16日(土) 同17日(日)
場所 浅間縄文ミュージアム あつもりホール (エコールみよた内)
(長野県北佐久郡御代田町) http//w2.avis.ne.jp/~jomon
主催 浅間縄文ミュージアム・八ヶ岳旧石器研究グループ・佐久考古学会
参加 自由参加(申込み不要) ただし参加費として2000円(資料代含む)が必要です。

内容 
■ 11月16日(土)
■ 記念講演 60分
13:00~14:00  「ブッシュマンの狩猟採集生活」  田中二郎(京都大学名誉教授) 
-休憩30分-
■ 研究発表 30分
14:30~15:00 「横須賀市 船久保遺跡ー旧石器時代最古段階の石器群とAT以前の陥し穴列ー」 麻生順司 (玉川文化財研究所)
15:00~15:30 「日本列島における投槍器・弓矢猟の出現と波及」 佐野勝宏(東北大学)
-休憩20分-
15:50~16:20 「狩猟具の製作技術に迫るために」 高倉純(北海道大学)
16:20~16:50 佐藤孝雄 「動物遺体から探る先史時代の狩猟活動」佐藤孝雄(慶應義塾大学)

18:00~ 懇親会 明治屋

■ 11月17日(日)
9:00~9:30  「実験で考える先史狩猟具」 山田昌久(首都大学東京)
9:30~10:00  「弓矢の矢柄ついて」 近藤 敏(関東第四紀研究会)
-休憩20分-
10:20~10:50 「人骨の同位体分析からみた肉類と植物の評価」 米田穣(東京大学)
10:50~11:20  「マタギの狩猟具と狩猟システム」 田口洋美(東北芸術工科大学)
-休憩10分-
11:30~12:00 「日本列島先史時代の陥し穴猟」 佐藤宏之(東京大学)
-休憩60分-

■ パネルディスカッション 13:00~14:30 (1時間30分)


※ 懇親会ご参加希望の方は、浅間縄文ミュージアムまでメールでお申し込みください。
  ■ 懇親会 明治屋旅館 18:00~ (会費6000円) 申込み締切 ★ 申込み締切 10月30日
※ 宿泊ご希望の方は、発表者宿舎と同じ宿(明治屋)をこちらで10名ほどご用意が可能です。ご連絡下さい。
他に会場に近い宿は以下となります。各自ご予約ください。ルートインは徒歩20分、他は徒歩5~10分。
●民宿高原(0267-32-2242)、●ルートインコート軽井沢(0267-32-1011)

■ お問い合わせ
浅間縄文ミュージアム 堤  隆まで
〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1901-1 TEL 0267-32-8922 
Eメールjomon@mx2.avis.ne.jp
WEbサイト http://w2.avis.ne.jp/~jomon/
https://mikoshiba.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0) 

■ 第3回 パレオ・ラブ のご案内 [パレオ[ハート]ラブ]

大場正善さんの石器製作ワークショップ。ぜひご参加下さい。

■ 日時 2019年9月22日(日) 13:00~17:00
■ 場所 東京都埋蔵文化財センター実習室 https://www.tef.or.jp/maibun/access.jsp
■ 内容 石器製作ワークショップ 
実験石器製作のエキスパートである大場正善氏(山形県埋蔵文化財センター)を講師に、石材の割れの原理、石器製作方法、製作技術分類などを学ぶ講座。
■ 参加 【参加希望者のみ】、堤までメッセンジャーを。
※ 終了後は講師を囲んで懇親会があります。
nice!(0) 

パレオ[ハート]ラブ  信州石材調査ご一行様 【案内】 [パレオ[ハート]ラブ]

■ 夏休み パレオ[ハート]ラブ のご案内
学生のみなさん、さわやかな信州で石材調査しませんか?

※ ピークシーズン、バス予約をお早めに! ※ 車を出してくれる社会人大募集! 

2019年8月24日(土)・25日(日)
■ 24日八風山黒色安山岩原産地 
■ 25日和田峠黒曜石原産地+星糞峠採掘遺跡

24日 北陸新幹線 佐久平駅 10:40集合 13:30集合 【集合は2回ご都合に合わせて】
25日 北陸新幹線 佐久平駅 17:30 解散 

高速バス ※ ピークシーズンなので早めの予約を。(片道2500円)
バスタ新宿発7:45  佐久平駅着10:35 (第1回目の出迎え 堤車)  どこか見学
バスタ新宿発10:32 佐久平駅着13:22 (第2回目の出迎え 堤車)
新幹線は、適宜お調べください(片道5600円)

宿泊費 3,600円 (うち1600円を補助)
夕食 旧石器時代礫群料理と縄文ナベ 【浅間縄文ミュージアム】

※ 申込みは、堤にメールで


nice!(0) 

★ 旧石器研究プログラム ”パレオ・ラブ” のお誘い

★ パレオ・ラブ のお誘い 

若い考古学生のみなさん、パレオ・ラブに参加しませんか!
フィールドに出てみたい! 遺跡や石器直接ふれてみたい!そんな方に。
■ パレオ・ラブ【Palaeo love】は、旧石器の基礎研究機会の提供と展望を、情熱をもって行う会です。
【Palaeolithic learning opportunity and view】の略
■ 考古学を志す学生のみなさんなら大学の垣根を越え参加自由、会費はいただきません。
考古学関係の若手就職者も参加OKですが、社会人の場合若干の参加費を頂戴します。
■ 講師は現役の埋蔵文化財センター職員や博物館学芸員、大学教員など【ボランティア講師募集中】。
■ 遺跡や石材原産地、博物館などでの現地ワークショップが中心です【詳細は下記】。
■ 希望者を把握するため参加回ごとに申込みをしてください【FBお友達は、
堤までメッセンジャーで】
■ 第1回 パレオ・ラブ 2019年6月15日(土)10:00~ 旧石器ハテナ館(相模原市)
午前10:00~12:00 国史跡田名向原遺跡の遺跡立地と住居状遺構の検討
午後13:00~17:00 フォーラム「相模野の旧石器」
【詳細内容は以下】
■ では、積極的なご参加お待ちしております!
            パレオ・ラブ代表者 堤  隆
==========================
■ 今後の活動内容 (予定・順不同)
① :フィールドワークによる基礎的研究 (実際に歩いてみて確かめる)
遺跡立地をどうみるか 相模野・武蔵野でのフィールドワーク
遺跡の層序区分の問題 相模野等の発掘調査現場
石材産地と産出状況の検討 (エクスカーション) 
信州黒曜石原産地 白滝黒曜石原産地 
②:石器の製作 石器製作の実験考古学的研究 
(実際に割ってみて確かめる)
石器製作 実験製作者による石器製作
石器に残る物理的痕跡 前回の製作物の観察
剥離手法の同定可能性 前回の製作物の観察
③:石器の観察と記載 石器の使用実験と使用痕観察 
(実際に使ってみて確かめる)
石器の使用実験 首都圏の埋文センター・博物館での使用実験 
使用痕の観察とパタン認識 顕微鏡のある施設
使用痕跡研究の成果と課題の検討 
④:石器の分類と記載、図化 (実際に分類・記載・図化してみる)
石器分類 首都圏の埋文センター・博物館での開催
石材分類 首都圏の埋文センター・博物館での開催
石器図化とデータ化の基礎 首都圏の埋文センター・博物館での開催
■ 賛同者あるいは講師(順不同) 【随時追加されます】
諏訪間順・加藤学・中沢祐一・沢田敦・大場正膳・堀恭介・高屋敷飛鳥・中川真人・麻生順司・鈴木次郎
■  第1回 パレオ・ラブ
1 日時 2019年6月15日(土) 
2 場所 旧石器ハテナ館 
〒252-0245 相模原市中央区田名塩田3丁目23番11号 ℡ 042-777-6371
3 主催 柏ケ谷長ヲサ遺跡調査団 八ケ岳旧石器研究グループ 相模原市立博物館 パレオ・ラブ 
4 内容 
■ 午前の部 フィールドワーク 「田名向原旧石器遺跡の立地と遺構の検討」
■ 午後の部 フォーラム「相模野の旧石器」
1 相模野旧石器 記念講演 諏訪間順 13:00~13:50 (50分)
2 相模野を掘る!寺尾遺跡:行政による大規模な旧石器時代遺跡調査の先駆け 鈴木次郎 14:00~14:30 (30分)
3 相模野旧石器に賭けた青春:柏ケ谷長ヲサ遺跡から学んだこと 堤隆 14:30~15:00
4 相模野台地の遺跡立地と遺構 中川真人 
15:10 ~ 15:40
5 下九沢山谷遺跡と相模野後半期 高屋敷飛鳥 
15:40-16:10
6 フリートーク 「相模野先生!」 16:20~17:00
■ 夕方の部 「語り飲みの会」 相模原市橋本駅前(店舗検討中) 18:00~
nice!(0) 
共通テーマ:学問

雨のすくない梅雨 [遺跡]

現在、7月末までの緊急発掘の3ヶ月目。
雨が少ないので助かっている。
でも急ぎなので、雨でもやっているけど。
浅間山麓、標高900mの縄文と平安の遺跡です。
nice!(0) 

再掲 「金印真贋論争を終結する!」 [講演会]

今週末、6/30です! お越しくださいね!!

浅間縄文ミュージアム シリーズ講演会 論争! 日本考古学 第3回

国宝漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)をめぐる真贋論争に
石川日出志教授が決着をつけます。

日時 6月30日【土】 13:30-15:00
場所 浅間縄文ミュージアム あつもりホール 0267-32-8922
演題 「金印真贋論争を終結する!」
講師 石川日出志(明治大学教授)
入場 無料

来てくださいね!
nice!(1) 

全国遺跡報告書総覧で八ケ岳の文献が! [図書]

八ケ岳旧石器研究グループの報告書と研究書を至便に利用いただきたく、
全国遺跡報告書総覧への登録を進めています。

まずは93年のマイクロシンポ「細石刃文化研究の新たなる展開」Ⅰ・Ⅱをアップ。
手に入りにくかった過去の文献、ご利用くださいね!
nice!(0) 

神子柴遺跡探訪ツアー [遺跡]

伊那市創造館の神子柴シンポジウム終了後、神子柴遺跡探訪ツアーを計画しています。
9/30 15:00-17:00の予定で、ジャンボタクシー代の実費(調べ中)がかかります。
せっかく伊那谷まで来られるので、お立寄りくださいね。
堤がガイドいたします。


nice!(0) 

シンポジウム 神子柴系石器群 その存在と影響 開催のお知らせ [研究会]

神子柴遺跡発掘60周年 記念シンポジウム 2018 
「神子柴系石器群 その存在と影響」を開催します。

1 日 時 2018年 9月29日(土)午後 1時30分~午後5時
          9月30日(日)午前 9時~午後3時
2 場 所 伊那市創造館 (長野県伊那市荒井 伊那市駅前) 伊那市創造館 ←検索
3 参 加 以下にメールでお申し込みください。tsutsumi@avis.ne.jp 堤 隆まで
     ○ 懇親会参加 5,000円
     ○ 宿泊希望 先着20名まで(主催者が手配) 5,000円 ホテル青木(会場まで徒歩5分)
     ○ このほか予稿集を含む参加費が2,000円必要となります。
伊那市創造館 八ケ岳旧石器研究グループ  共催

■ 9月29日(土) シンポジウム基調報告 午後1時30~午後5時30分(発表各40分質問10分)
1 神子柴系石器群の石器石材 中村由克(明治大学黒耀石研究センター)
2 神子柴集団の石器製作技術 大場正善(山形県埋蔵文化財センター)
3 神子柴遺跡再考 栗島義明(明治大学黒耀石研究センター)
4 西日本の非神子柴的世界 池谷信之(明治大学黒耀石研究センター)
 懇親会 PM 6:00~ (会費5000円 飲み放題)

■ 9月30日(日) 午前9時~午後3時 基調報告・講演会 
5 北海道における神子柴系石器群の存在性 中沢祐一(北海道大学)
6 神子柴遺跡の基礎的理解 堤 隆(明治大学黒耀石研究センター・八ケ岳旧石器研究グループ)

◎ 講 演 11:20~12:20 神子柴遺跡はなぜ残されたか 佐藤宏之(東京大学大学院教授)
 
 昼食  12:20~13:30

◎ パネルディスカッション 午後1時30分~3時

■ 伊那市創造館展示 神子柴遺跡石器群 (貸出中の石器を除き全点見学できます)

会場 伊那市創造館 〒396-0025 長野県伊那市荒井3520番地 電話:0265-72-6220
JR飯田線 伊那市駅より徒歩4分
問合せ 事務局 八ケ岳旧石器研究グループ 堤  隆 tsutsumi@avis.ne.jp
○ Web情報 http://mikoshiba.blog.so-net.ne.jp/










nice!(0) 

緑色チャート・ポスター [石材]

堤 隆 「野辺山高原における後期旧石器時代の緑色チャート利用」

上記タイトルで、ポスターセッションを行います。

日時:2018年6月23日(土)・24日(日)
場所:早稲田大学戸山キャンパス 日本旧石器学会
    ※本部キャンパス(大隈講堂)ではありませんのでご注意ください。

ポスターセッション・コアタイム(24日(日)12:30~13:30)
nice!(0) 
前の10件 | -